【前立腺がん】遺伝子検査MYCODEの結果

前立腺がんの発症リスクを遺伝子検査マイコードで調べてみました。

DeNAの遺伝子検査キットMYCODEは、自宅で唾液を採取するだけで
前立腺がんにかかるリスクを遺伝子レベルで解析してくれます。

私の前立腺がんの結果は以下の通りでした。

遺伝子検査キット 前立腺がん

発症リスクが平均の0.71倍と低めで安心しました。

遺伝子検査 項目 前立腺がん

かかりやすさが低いとはいえ、5.8%の確率で発症する恐れはあります。

前立腺がんの発症を予防するには

野菜、穀物、豆類は前立腺がんを予防します。

遺伝子検査キット 結果

前立腺がん 原因

野菜はあまり食べていないので、心掛けたいです。

前立腺がん予防

事前に答えたアンケートの答えから以下のデータが導き出されてました。

やはり野菜の摂取が極端に少ないようです(汗)いつもの2倍は必要らしい。

野菜不足 がん予防

野菜について

野菜は、人間の健康にとって不可欠なビタミン、ミネラル、食物繊維などを
供給する食用植物です。中でも「旬の野菜」は、特に栄養価が高く、
味も濃くておいしい上に、価格も安くなります。品質改良やハウス栽培、
輸入により、ほとんどの野菜が1年中手に入る時代となりましたが、
旬の野菜はそれ以外の時期に比べて、含まれる栄養素の量が格段に
多いといわれます。

MYCODE専属の管理栄養士からのワンポイント

野菜は不足しやすいので、野菜が豊富なメニューから自分に合った
メニューを選んで、積極的に摂取しましょう。体調を万全に整えるために、
日頃から野菜を必要量摂取できるように意識しましょう!

栄養士さんからのおすすめの献立

がん予防 野菜メニュー

前立腺がんについて

前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な増え方から大きく逸脱し、無秩序に自分で増えていくことにより発生します。最近、遺伝子の異常が原因といわれていますが、正常細胞がなぜがん化するのか、まだ十分に解明されていないのが現状です。前立腺がんは近くのリンパ節や骨に転移することが多いのですが、肺、肝臓などに転移することもあります。
前立腺がんは早期に発見すれば手術や放射線治療で治癒することが可能です。また、比較的進行がゆっくりであることが多いため、ある程度進行した場合でも適切に対処すれば、通常の生活を長く続けることができます。

【症状】早期の前立腺がんには特徴的な症状は見られません。しかし、同時に存在することの多い前立腺肥大症による症状、例えば尿が出にくい、尿の切れが悪い、排尿後すっきりしない、夜間にトイレに立つ回数が多い、我慢ができずに尿を漏らしてしまうなどが見られる場合があります。前立腺がんが進行すると、上記のような排尿の症状に加えて、血尿や骨への転移による腰痛などが見られることがあります。腰痛などで骨の検査を受け、前立腺がんが発見されることもあります。

前立腺がんの遺伝子検査結果を見て

野菜不足で前立前がんのリスクが高まるとは。
やはり野菜はたっぷり食べるのが正解ですね。