【胸部大動脈解離】遺伝子検査MYCODEの結果

胸部大動脈解離、と聞くとかなり怖い病気。
生死にかかわるので、ならないように心がけたい。

大動脈は心臓から全身に血液を送り出す動脈の本幹で体内で最も太い血管です。心臓の左心室から出て胸部、腹部に至ります。この大動脈が拡張して膨らんだ状態になるのが大動脈瘤で、胸部にできるものを胸部大動脈瘤といいます。一方で、大動脈瘤のあるなしによらず、大動脈の内側の膜が剝がれて内膜と外膜間に血液が入り込んで血管の壁が裂けてしまうことがあります。大動脈解離と呼びます。

【胸部大動脈解離にかかるリスク】がどれくらいあるのか?
解析のクオリティが高く信頼できると評判の
遺伝子検査キットMYCODEで調べてみました。

私の胸部大動脈解離の結果は以下の通りでした。

胸部大動脈解離 遺伝子

発症リスクが平均の1.72倍
リスクが高い結果が出てしまったので要注意です。

胸部大動脈解離の解析について

マイコードのDNA検査では、解析結果をきちんと
図で示してくれます。まぁ見てもよくわかりませんが…

マイコード評判

ここまでデータをしっかりと公開しているのは
マイコードだけだと思います。解析の根拠も示さず
結果を出している検査機関とはわけが違うので、
信頼はできると思っています。

胸部大動脈解離を予防するには

胸部大動脈解離を発症する原因が明らかになっていないので
予防方法などのアドバイスも書かれていませんでした。

ただ、個人的には高血圧やコレステロールには
気をつけたほうが良いのではないか?と感じました。

胸部大動脈解離について

【検査方法】大動脈瘤はCTやMRI、心エコーなどで発見できます。特に高血圧がある場合は定期的な検査が重要です。一方で、大動脈解離は事前に検出するのが難しいのが問題となります。

【治療法】胸部大動脈解離は、急速に死に至るケースもあるため、緊急手術を行う場合も多くなります。一般に大動脈の上部で解離が起きたときは手術を行い、下部で解離が起きたときは血圧を下げて様子を見ます。人工心肺装置を用いる複雑な手術になると、心不全や脳梗塞、腎不全、肺炎などの合併症を引き起こすこともあります。

胸部大動脈解離の遺伝子検査結果についての感想

予防する方法が記載されていませんでしたが、
せめて心エコー検査でもやってみようかと思いました。
数年に一回くらいは検査をしておいたほうがよい年齢かも。