【十二指腸潰瘍】遺伝子検査マイコードの結果

十二指腸潰瘍は、胃と密接に関係がある病気で、
日本では4万人ほどの患者さんがいるそうです。

十二指腸潰瘍は、胃液により胃の出口から続く十二指腸粘膜が障害された結果、十二指腸に潰瘍が生じる病気です。ヘリコバクター・ピロリという細菌の持続感染により潰瘍が起こりやすくなることが明らかになり、予防のための除菌治療が行われています。

自宅で唾液を採取して郵送するだけでの簡単なものですが、
十二指腸潰瘍を遺伝子レベルで解析してくれます。

私の十二指腸潰瘍の結果は以下の通りでした。

十二指腸潰瘍 症状

発症リスクが平均の1.28倍とやや高い。
気になります。

十二指腸潰瘍の発症を予防するには

日頃のストレスや喫煙、刺激の強い食物、アルコール
そしてピロリ菌も十二指腸潰瘍の原因になってしまうようです。

自分の場合は、ピロリ菌は持っていないようなのですが、
仕事のストレスやお酒には気を配らないといけないです。

十二指腸潰瘍について

十二指腸潰瘍は、胃液により胃の出口から続く十二指腸が障害された結果、十二指腸に潰瘍が生じる病気です。

【原因】粘膜の防御機能が壊れる原因はストレスや喫煙、刺激の強い食物、飲酒などさまざまですが、近年ではヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌が関係していると分かっており、その除菌が治療や予防の上で重要です

【症状】十二指腸潰瘍になると、胃の下辺りの痛みや胸やけを感じます。潰瘍に伴う変形で胃と十二指腸の間にある幽門が狭くなると嘔吐(おうと)することもあり、また進行すると吐血や下血も生じることがあります。

【治療】腸壁に穿孔(せんこう)を生じると手術が必要になることもありますが、一般的には胃液の分泌を抑え、粘膜を防御する薬などで治すことができる病気です。また再発予防にはヘリコバクター・ピロリの除菌が重要です。

十二指腸潰瘍の遺伝子検査結果の感想

発症のリスクはやや高いものの、治療が可能な病気。
とはいえ、悪化させると命にも関わります。

自分は、胃や食道の病気にも注意したいと思いました。

そろそろ胃カメラ検査を受けなくては…。