【間質性肺炎】遺伝子検査MYCODEの結果

健康に過ごしていれば、肺炎にはかからないとは
思っていますが、間質性肺炎という病気があります。

間質性肺炎は、明らかな原因や誘因なく肺の間質と呼ばれる部位に炎症が生じ、通常は進行性に線維化が起こって肺の働きが悪くなる疾患です。症状としてはせきや息切れが見られます。

DeNAの遺伝子検査キットMYCODEは、自宅で唾液を採取するだけで
間質性肺炎にかかるリスクを遺伝子レベルで解析してくれます。

私の間質性肺炎の結果は以下の通りでした。

間質性肺炎 遺伝

発症リスクが平均の2.38倍
かなり高い結果が出ました。。

間質性肺炎を予防するには

間質性肺炎を発症する原因が明らかになっていないので
予防方法などのアドバイスも書かれていませんでした。

間質性肺炎について

間質性肺炎とは、肺の間質(空気を取り込み酸素と二酸化炭素のガス交換を行う「肺胞」と呼ばれる小さな袋の壁やその周辺の部分)に炎症が生じ、呼吸に障害を来す疾患の総称です。関節リウマチなどの膠原病、感染症、薬剤、粉塵曝露など様々な原因によっても間質性肺炎は起こりますが、こうした原因が特定できないものを「間質性肺炎」といいます

【初期症状】主な自覚症状は痰の絡まない空咳(からぜき)や息切れ(呼吸困難)です。間質性肺炎の病型によっては、発熱が見られる場合もあります。息切れは、始めのうちは階段や坂道を上るときなどだけに見られますが、進行とともに次第に軽い労作でも息苦しさを感じるようになります。

【進行すると】肺線維症では、次第に呼吸障害が進行して呼吸不全となります。風邪などをきっかけとして数日~数週間の短期間に急激に悪化することもあります(急性増悪)。また、肺がんの合併率が高くなることも知られています。

アルツハイマーの遺伝子検査結果についての感想

「空ぜきが出る、少し動いただけで息切れがする、などの
症状が持続する場合は、早めに受診しましょう。」
気になった時には、このマイコードの結果を思い出して
病院へいくきっかけにはなりそうです。