癌の遺伝子検査結果一覧

【子宮体がん】遺伝子検査MYCODEの結果

婦人科の中で最も多い癌が子宮がん。子宮体癌と子宮頸癌があって、 この二つは全く別の病気なので、正しく理解しなくてはなりません。 今回、口コミで評判のマイコード遺伝子検査で調べた項目の一つが 子宮体がん。40代から増え始め、50-60歳の女性に多い病気なので、

【乳がん】遺伝子検査MYCODEの結果

嫁が一番気になっていたのが乳癌だったそう。 女優のアンジェリーナジョリーは遺伝子を調べた結果、 「将来の乳がん予防のための乳房切除」をしたほど。 日本では21万人もの乳ガン患者がいると言われています。 乳癌の発症リスクがどれくらいあるのか? 嫁が遺伝子検査マイコードで調べてみました。

【肺がん】遺伝子検査MYCODEの結果

肺がんは、日本人がかかる癌の中でも患者数が多い疾患。大腸に続いて2番目に多いらしく、なかなか治療がしづらい器官なのだそうです。肺がんにかかるリスクは是非知っておきたいしある程度原因んもわかっているから、予防もできるだろうと。自分の肺癌の発症リスクがどれくらいあるのか遺伝子検査マイコードで調べてみました。

【膀胱がん】遺伝子検査MYCODEの結果

膀胱がんと聞くと、最近たまにニュースで流れている化学染料の影響。染料工場で働いていた人が発症するケースが報告されていますね。日本では約7万人の患者さんがいるそうです。遺伝子的に自分の発症リスクがどれくらいあるのかマイコードで調べてみました。

【大腸がん】遺伝子検査MYCODEの結果

DeNAの遺伝子検査キットMYCODEは、自宅で唾液を採取するだけで【大腸がんにかかるリスク】を遺伝子レベルで解析してくれます。私の大腸がんの結果は以下の通りでした。発症リスクが平均の1.44倍と高いです。しかも自分は大腸憩室炎という病気で2回入院したことがあります。